ほったらかしておけば貯まる、やさしい投資の始め方


こんにちは。

 

f:id:megane-inu:20191113080801p:plain

 

 

 

 

 「安心老後」を手に入れるためにはできるだけ早い段階でお金づくりを始めることが不可欠です。ただし、手間や時間をかけすぎて、本業を疎かにしては本末転倒。極力手間をかけずに資産を運用したいですよね。

 預貯金は利息がほぼゼロだし、株は情報収集に時間を取られるうえ、初心者がプロのトレーダーに勝ち続けるのは難しいです。仮想通貨は変動率が大きく資産運用には不向きとみています。 そこで利用したいのが投資信託です。

 

 

 

 

 忙しくても始められる投資信託

 

 

 投資家から集めたお金を使い、ファンドマネージャーが国内外の株や債券などに投資をするのが投資信託です。ほかの投資と比べ、短期的な値動きに左右されにくく、長期にわたってじっくり資産形成したい人向きです。投資対象の選定や運用などを専門知識のあるプロに任せるため、手数料はかかりますが自分の手間はほとんどないのが特徴です。

 

メリット 世界中の地域、資産に投資でき、ほったらかせる
デメリット 運用中、手数料がかかる

 

 

100円からスタートできる証券会社も

 

 長期間投資を続けていくためには、毎月ムリのない金額で投資することが大切です。株などは最低でも数万円以上が必要ですが、投資信託の場合はネット証券などでは最低100円という超少額から購入できます。

 

 

必ず来る下落時に動じない!

 

 投資信託を続けていくと、ときには一時的に下落する局面もやってきます。しかし、そこで慌てて売ってしまうのはNGです。それ以降資産は増えませんし、最悪減って終わる恐れもあります。動じず積立を続けていくことが大切です。

 

 

ほったらかし投資の基本「インデックス型」

 

 投資信託の運用スタイルは、積極的にリターンを狙う「アクティブ型」と、TOPIXなどの指数に連動する「インデックス型」があります。まず初心者なら全体的に見てアクティブ型より勝率が高く、手数料も安くほったらかせるインデックス型を選びましょう。慣れてきたら優秀なアクティブ型などを取り入れましょう。

 

 

積立投資を長期間行うことで勝率は上がる

 

 毎月一定額を投資していく積立投信で長期間運用すれば、景気変動金利変動などによる値さがりリスクを大幅に軽減でき、利益が安定します。積立開始から期間が長くなるほど利益(評価額)は増えていきます。

 

 

2つの制度をフル活用

 

 投資で得た利益には、通常20.315%の税金がかかりますが、iDecoやつみたてNISAといった税優遇のある制度を使えば、利益を一定期間非課税にできます。ふたつを併用することも可能なので、それぞれの特徴を理解してフル活用しましょう。