温めるだけで、やせる&肩こり解消!ズボラ温活のすすめ

こんにちは。

 

f:id:megane-inu:20190517114809p:plain

 

 「肩こりがひどい」「なかなかやせない」「だるい」「やる気がおきない」・・・そんな体の不調の数々、原因の根っこに「冷え」が関係しているのかもしれません。

 普段から冷えを意識して予防する方法は、どんなズボラさんでも100%できる事ばかりです。食べ方から「ながら筋トレ」までぽかぽか体質に今日から変われる温活習慣、さっそく始めましょう!

 

カラダが冷えてると何がいけないの?

 

 「万病のもと」といわれる、" 冷え ″。手足が冷たくて眠れない、など冷たさや寒さを苦痛に感じる場合や、平熱が36℃以下なら冷えている状態だそう。

 

 冷えの原因は、熱をつくる筋肉不足や、熱の原料となる食事が十分でないことです。たくさん熱をつくれないから、体温が上がらないのです。

 熱を全身に運ぶのは血液で、体が冷えると血の巡りが悪くなるのは、交感神経が刺激されて、血管がギュッと縮まるせいなんです。

 冷えによる「不調」はこの、“ 血行不良 ”が関係します。全身に栄養と酸素が行きわたらず、内臓の働きや新陳代謝が低下、筋肉も硬くなります。その結果、体にも心にもさまざまな不調が出て来るのです。

 体温が1℃下がると、免疫力は30%、代謝は13%落ちるといわれ、風邪などの感染症にかかりやすく、太りやすくなってしまいます。特に女性は男性より冷えやすく注意が必要です。毎日のちょっとした工夫で改善できる冷え、さっそくぽかぽかなカラダをめざしましょう!

 

 これで救われる!とっておき温め習慣で冷えを撃退!

 

CASE1「温→冷」を意識した入浴

 42℃前後のお湯で10分間の全身浴をします。

 髪や体を洗ったあと、冷めて40℃前後になったお湯に15分間の半身浴を。

 そして仕上げの冷水シャワーは5秒ほど行います。足先からお腹付近にまでサッとかけます。

 

 


薬用ホットタブ 重炭酸湯 100錠スパークリングホットタブ冷え症、疲労回復、腰痛、肩こり、リウマチ、神経痛、あせも、産前産後の冷え症に/温活

 

CASE2 朝一番に飲む白湯で、平熱が36℃台に

 朝はやかんで沸かしたマグカップ1杯の白湯を飲むことで、体が内側から温まるようになりました。沸いたらマグカップに注ぎ、10分くらい冷ますとちょうどいい温度になりますよ。

 

  


サーモス 保温マグカップ JDC-351 WH ホワイト(1コ入)【thbr6】【サーモス(THERMOS)】

 

CASE3 岩盤ヨガで風邪を引かないカラダに

 6年前に岩盤ヨガを始めて、冷えが改善しました。平熱が35℃台から36.8℃になりました。冷たかったお腹や太ももが温かくなり、寝つきもよく、風邪をひかなくなりました。

 

 

自分で熱をつくれるカラダになるコツ

 

 冷えない体づくりに欠かせないのが筋肉です。体の熱の4割は筋肉を動かすことでつくられます。つまり、筋肉が増えれば、自家発電のように熱を生み出せるので、体温も上がります。筋肉には血液を押し上げるポンプ作用もあるため、血の巡りもよくなり、むくみも解消できます。

 運動をさぼると、筋肉はどんどん落ちて、冷えはますます深刻になります。そして筋肉の75%は下半身に集中しています。太もも、お尻、ふくらはぎなど下半身の大きな筋肉を中心に鍛えれば、効率よく筋肉量を増やせるのです。

 

  

 オフィスで・・・「立ったついでに、ひざ曲げスクワット」

 自分の体重の負荷だけで、お尻、太もも、ふくらはぎなど、下半身の筋肉を一度に鍛えられます。

How to

 ①足を肩幅に開いて立つ。つま先とひざは同じ方向に。

 ②背中をのばしたまま、ゆっくりひざを曲げ、しゃがむ。

 

通勤時に・・・「肩甲骨の周囲を動かす」

 肩甲骨の内側にもエネルギー消費量が多い筋肉があります。ぐっと胸に力を入れて開くことで、ここの筋肉が刺激されます。

How to

 ①胸を張って、肩甲骨を背中の中央に寄せる。

 ②そのままの状態で、肩を下げる。この動作を繰り返す。

 

 

 年中「夏野菜」を食べると冷えやすい体になる

 

 定番の野菜サラダといえば、レタス、きゅうり、トマトですよね。毎日食べている人もいるのではないでしょうか。

 薬膳では、食材には体を温めたり冷やしたりする性質があると考えます。温める作用が最も強い性質が「熱」、やや弱いのが「温」、冷やす作用が最も強いのが「寒」、やや弱いのが「涼」。温めも冷やしもしないのが「平」です。

 「温」は肉や魚には多いですが、野菜には少なく、カブ、カボチャ、菜の花、ネギ類。あとは薬味に使う野菜、ハーブ、スパイスです。

 

 では、冷えやすい人が冬に食べていい野菜は、カブやカボチャやネギ類だけ?そんなことありません。体を冷やす野菜も、加熱して食べれば大丈夫です。薬味やハーブを加えれば、体が温まる料理になるのです。

 

 

 


クーポン配布中 最大10%オフ アマノフーズ フリーズドライ 味噌汁 選べる うちの みそ汁 スープ 30食 セット 【 送料無料 北海道沖縄以外】 人気 の なす おみそ汁 赤だし 野菜 わかめ 減塩 お味噌汁 五目 中華 たまご スープ キャッシュレス 還元 お歳暮 ギフト