損する株、得する株の見分け方を知って良い投資をしましょう

 こんにちは。

 

 

f:id:megane-inu:20190529160545j:plain

 

 本当に儲かる話なら、放っておいても出資者が集まるものです。だから得する株でオイシイ話に参加したいという人は、自分から探しにいく必要があります。

 

 ではいったいどこをさがせば、オイシイ話に出会えるのでしょうか。素人がうかつに手を出すと痛い目に遭いそうです。

 そこで、損する株、得する株の見分け方をまとめてみました。

 

 

 損をせずコツコツと利益を上げる買い方

 

  まず、仕手株やインサイダーで株価が釣り上がる銘柄は、オイシイように見えて危険です。

 仕手株とは大きな資金を持った集団が株価を思い通りに操り、自分たちに都合よく利益を出す株の銘柄です。

 インサイダーとは、株価に影響する内部情報が、公表よりも早く流れ、株価を変えてしまうことで、法律で禁止されています。

 

 たとえば、ツイッターなどのSNSでは情報が一気に流れるために株価に影響を与えやすいです。インサイダー的な情報も結構見られます。

 短期の売買で利益を担う投機の場合は、不確かな情報に踊らされると、大損しかねません。

 

暴騰したあげくの急落 大損する危険な株とは

 

 もちろん、下がる前に売り抜けて大きく儲けた人もいるでしょう。それは別に悪いことではありません。ただ、よく調べもせずに、「あの人がこう言って実際に株価が上がっているから」というだけで買うのは危険です。

 やはり機会に賭ける投機ではなく、長期で利益をあげていく投資をおすすめします。派手な情報に踊らされず、企業に自分のお金をつぎ込む価値があるか見極めることです。

 

 普通のTVのニュースからも、おいしい銘柄をみつけることもできますよ。

 

 f:id:megane-inu:20191107074842j:plain

 

 

 

 

買いあおりストップ安銘柄に注意!

 

 TwitterやブログなどSNSの噂、あるいはメディアの発表に対する期待値だけで上昇する銘柄です。関係者や投資アドバイザーなどが「注目株」と発言すると株価が上がることもしばしば。しかし、その企業が持つ、実際の価値以上になった場合は危険とみておきましょう。

 

これが損する理由 ・期待だけで上がった銘柄はすぐに下落

 期待だけで上がった銘柄は、その価値がないと分かった瞬間、一斉に売られ、株価は暴落します。あわてて売ろうとしても買い手がいないため、株価はどんどん下がってストップ安になる傾向にあります。買い手がつくまで値は下がり続けるのです。信用取引なら巨額の負債を抱えるハメにもなってしまうかもしれません。

 

 

  人の話をうのみにすると失敗のもと

 

 

  投資の世界では、ときに景気のいい話を聞くことがあります。

「この企業の新製品がすごい!」「明日、ヘッジファンドが豪ドルを大量買いするらしい」など、儲かりそうな話なら気になるものですね。

 

 しかし、おいしい話はそうあるものではありません。

ウワサ程度のものはそもそも信憑性に疑問があります。本当にオイシイ話だとしても、すでに多くの人が参加して値が上がっていると、天井で高値掴みをしてしまい、大損しかねません。

 

 オイシイ話を拾うには、情報の精度が大切です。たとえば、ツイッターですね。企業の関係者が新規事業について、つぶやくことがあり、判断材料になります。

また、為替などの海外のニュースをいち早く入手でき、それに対する投資家の反応もわかります。著名な投資家や詳しいと評判のニュースサイトのツイッターアカウントは、定期的にチェックしていると、思いがけず確度の高い、しかもまだあまり知られていない情報を拾うことができます。