もはや常識!知っていましたか?0~3才のスキンケア

 こんにちは。

 

 

f:id:megane-inu:20191104235612j:plain

 

 

 赤ちゃんの肌は、これから育つ肌。

一生つきあっていく肌を育てていく方法、それは正しいスキンケ

アです。そのスキンケアを続けて、一生モノのぷるぷる肌をつ

くってあげましょう!

 

 
♪ 310g【natural science】ナチュラルサイエンスママ&キッズ Mama$Kidsベビーミルキークリームお徳用サイズ 310g<ボディケア><ママアンドキッズ>

 

 

肌が成長する3才までのスキンケアがとっても大切

 

 赤ちゃんの肌は、ぷるぷる・もちもちというイメージがありますよね。

 しかし、実際にはすぐにカサカサになったり、湿疹ができたり、トラブルの連続!ということ、ママならきっと実感していると思います。

 赤ちゃんの肌がとてもデリケートなのは、皮膚がまだ成長中で、とても薄いからです。

 

 赤ちゃんの肌は、生まれるまでの間、羊水の中で育ちました。

 水分に守られて育ってきた肌は外気にさらされると、あっという間に乾燥してしまいます。

 しかも新陳代謝がとても活発で、古い角質はどんどんはがれて垢となり、余分な皮脂とともに汚れになります。

 

 そこで、汚れをしっかり泡で洗浄して、清潔なシャワーをかけて洗い流し、水分をふき取ったあとは、たっぷりの保湿が必要となるのです。

 そんな赤ちゃんの肌を守るスキンケアというとなんだか大変そうですが、実は「洗う→保湿」の簡単ステップでOKなんです。

 

 こうして3才ごろまではママが「丈夫な肌になぁれ」とケアし続けることで肌は成長し、バリア機能が整って丈夫になっていきます。

 スキンケアはタッチケアです。赤ちゃんの心のケアにもつながる、生まれてすぐからのスキンケアで、トラブル知らずのすこやか肌を、大切な赤ちゃんにプレゼントしてあげましょう。

 

 

 

 

2ステップのスキンケアで肌トラブルから守ろう!

 

 f:id:megane-inu:20191104234806j:plain

 

 大人の表皮の厚さに比べて、赤ちゃんの表皮は約半分しかありません。ということは、ホコリや花粉、化学物質などの刺激から守ってくれるバリア層が薄く、肌細胞の水分もキープしにくいということです。肌細胞の水分が少なくなってしまうと、バリア層のすき間ができてしまい、そこから刺激物が入ってしまいます。

 

 STEP1 泡たっぷりでやさしく洗う

 肌と同じ弱酸性の洗浄料を使い、たっぷりの泡で洗います。

不要な皮脂は、こするのではなく泡でやさしく洗い流すのが正解です。肌を傷つけずに洗えます。

 そして清潔なシャワーの湯で泡をさっぱり洗い流しましょう。

 

 


♪ 460ml 【natural science】ナチュラルサイエンスママ&キッズ Mama$Kidsベビー全身シャンプーフレイチェ 460ml<ボディケア><ママアンドキッズ>

 

STEP2 もちもちになるまでたっぷり保湿

 肌の保湿に水分だけをたっぷりつけてもあっという間に、蒸散してしまいます。水分を封じ込めるには、適度な油分が必要です。

 フタの役割をして水分をキープします。水分と油分のバランスが良いローションをたっぷりと塗ってあげることが大切です。

 

 


Mama&Kids(ママ&キッズ) ベビーミルキーローション 150ml