子どもの成長の節目を祝う七五三を迎える方へ

こんにちは。

 

f:id:megane-inu:20191104002342j:plain

 

 

 「七五三」は、赤ちゃんから子どもに成長していく節目にあたる年に、晴れ着を着せて、氏神様をまつる神社に詣でる行事です。

 子どものこれまでの無事を感謝し、今後のすこやかな成長を祈ります。

 七五三は古くから宮廷や武家社会などで行われていた3歳の「髪置き」、5歳の「袴着」、7歳の「帯解き」という3つの行事が、明治時代以降に合わさってできたお祝いだそうです。

 昔の子どもは、7歳までは神様の子どものようなものと考えられていて、7歳のお祝いを境に、ひとりの人間として認められたと言われています。

 

 七五三は本来、数え年で祝うものでしたが、近年は満年齢で祝うことが主流です。男の子は5歳、女の子は3歳と7歳で祝うことが一般的ですよね。

 11月15日か、その前後の土日に神社へ参拝することが多くなっています。

 

女の子の3歳のお祝い

 

 3歳の女の子お祝いは、「髪置き」の儀式がもとになっています。髪置きは、それまでに剃っていた髪の毛を伸ばしはじめる儀式で、3歳の男女に行われていました。鎌倉時代の記録にも髪置きの儀式が記録されているそうです。

 現在の3歳のお祝いでの装いは、色鮮やかな晴れ着を着て、兵児帯をしめて、その上から被布とよばれる袖なしの上着をはおります。かわいらしく着飾らせてあげましょう。

 

 

 


七五三 着物 3歳 セット 女の子 選べる12柄 被布セット 販売 着物セット 七五三 3歳用 新作 2019 正月 着物 ひな祭り 衣装 着物 モダン おすすめ レトロ おしゃれ 古典柄 安い 大正ロマン

 

 

男の子の5歳のお祝い

 

 5歳の男の子のお祝いは、「袴着」の儀式がもとになっています。袴着は、5歳の男の子を基盤の上に立たせて、はじめて袴をはかせる儀式で、平安時代から行われていたことが記録にのこっているそうです。

 もともとは、男女ともに行われていましたが、江戸時代に武家の男の子のお祝いとして定着しました。

 現在の5歳のお祝いでは、着物の上に、紋付羽織袴を着用するのが基本で、白足袋に雪駄をはき、白い扇子や懐剣などを身に付けます。

  

 


七五三 着物 5歳 フルセット 5歳男袴 5288 花わらべ ブルー地 鳳凰 5歳男の子 新品足袋プレゼント ブランド 753 子供 きもの レンタル 往復送料無料

 

 

女の子の7歳のお祝い

 

 

 7歳の女の子のお祝いは、はじめて帯を結ぶ「帯解き」の儀式がもとになっています。昔は、7歳前の女の子は着物を着るとき、着物についているひもを結んでいました。このひもを外して本式の帯を締める儀式が帯解きになります。

 帯解きは、「ひも落とし」「帯直し」などとも呼ばれました。

 

 現在の7歳のお祝いでは、本裁ちの振袖を、肩揚げ、腰揚げして着るのが基本です。筥迫(小物入れ)を懐に入れて、帯は丸帯や袋帯を締めます。

 

 

両親や祖父母は控えめに

 

 

 七五三は、子どもが主役のお祝いなので、付き添う両親や祖父母の服装は、子どもより目立たないことが大切です。

 お母さんは洋装であれば、スーツやワンピース、和装であれば、訪問着や付け下げ、色無地などが一般的です。

 お父さんはブラックスーツやダークスーツなどが良いでしょう。

 祖父母は、両親の服装と格をそろえます。

 

七五三の参拝は氏神様に

 

 七五三は、住んでいる地域の氏神様に子どもの成長を祈るものなので、近所の神社に参拝するのが本来の意味にかなっています。

 七五三の付き添いは、お宮参りのようなしきたりはありませんので、両親だけが付き添っても、祖父母が一緒でもかまいません。

 お賽銭を入れて礼拝する場合と、おはらいや祝詞奉上をお願いする場合がありますので、参拝方法はあらかじめ決めておきましょう。

 七五三の起源である髪置きや、袴着、帯解きなどを行う日は、江戸時代に11月15日に定まったようですが、その由来は、秋の収穫後に神様をまつる霜月の真ん中の日だからとか、陰陽道で吉日だからなど、諸説あってはっきりしたことはわかっていないそうです。