子どもの教育費を賢く貯めるには?「貯め方のコツ」

こんにちは。

 

f:id:megane-inu:20190529160545j:plain

 

 

 子どもが成長するにつれて、どれくらいの教育費が必要なんだろう、どう貯めれば・・・とお悩みのみなさんも多いと思います。

では具体的にどのように貯めたら良いのかを考えてみましょう。

 

 

 高校までは家計でやりくり。大学入学までに400万貯める事を目標にしましょう。

 

 

 進路によっても変わりますが、幼稚園から大学までずっと公立の場合で約1000万円、ずっと私立の場合では約2500万円かかると言われています。

 ただし、これはあくまで平均値です。受験や留学などをした場合は、さらに+αでお金がかかります。

 

 「そんなお金、払えない!」と思いがちですが、貯めるべきは「大学費用」だけです。高校までは、家計でやりくりするのが一般的だといわれています。

 

 では大学入学までにいくら貯めておけばいいかというと、200万円くらいが目安です。これで入学費用と1年分の学費はまかなえます。

 ただ選ぶ学部や、それ以外に+αでかかるひとり暮らし費用、仕送り費などのことを考えると、400万円はあった方が安心でしょう。

 それでは具体的な貯め方を紹介していきましょう。

 

 1.児童手当は全額貯金!

 0才~15才までずっと児童手当を貯めておけば、約200万円になります。

 このお金は、大学入学時に支払う資金として、確実に手元に残しておきたいもの。児童手当をまとめて貯めておくことは大切です。

 月々の習い事や食費などにまわさないようにしましょう。

 

 これまで学資保険は満期金一括で支払われていましたが、最近は何年かに分割して払われることが多いようです。

 

2. 学資保険で貯める

 学資保険は、加入時の利率(予定利率)が続く、固定金利型の商品です。いまは超低金利時代なので、入りどきとはいえませんが、お金を「確保する」「死守する」目的で入っておくのもひとつの手です。

 確実に貯めることができるので、貯金が苦手な人におすすめです。

 

3. コツコツ投資する

 投資信託や外貨を毎月一定額購入していく方法です。

相場が高いときは少なく、安いときはたくさん買えるため、長く運用することで、ふやせる可能性は高くなります。

 月1万円ずつ米ドルで運用した場合と、1万円預金した場合(金利は0.05%と仮定)を比べると、増減はあるものの10年後には外貨が約18万円上回ったという例もあるそうです。

 証券会社や銀行で買えますが、ネット系の金融機関なら手数料が抑えられます。

初心者には、利益に課税されないNISAがおすすめです。

 

 税金がかからずお得に運用できる NISA・ジュニアNISA

 NISAとは、株や投資信託の利益に対して税金がかからない制度。年間120万円まで運用可能で基本的に5年間まで。

 ジュニアNISAは、NISAのこども版で、年間80万円まで運用が可能。ただし、18才になるまでは払い出しができないので注意しましょう。