やせにくい人ほどやせる♪糖質オフダイエットのひみつを教えます!

f:id:megane-inu:20190524122127j:plain


こんにちは。

 

 みなさんは「食事の中の糖質量を抑えることでやせる」ことができるのをご存じでしょうか。実は4つのコツさえ押さえれば、誰でも簡単にできちゃいますよ。

 いつも買う定番食材や、冷蔵庫に残っている食材だけで作るのでお手軽に作れます。

 実は私も、1日2~3食糖質オフなレシピに近づけるように食材選びをして実践していました。去年から同じ生活を続けていますが、肉や魚もしっかり食べられるし、ストレスなくこの1年で6kgは減りました。体は以前に比べて軽くなった気がしますし、何といっても疲れにくくなりました。

 

 今回は、1日1回夕食だけを低糖質のレシピにする「プチ糖質オフ」でー2㎏をめざしましょう。

 

 

 

 

糖質オフダイエットって何?

 

 糖質オフダイエットとは、1日の摂取する糖質量を減らすことで、体の脂肪を優先的にエネルギーに変えて燃やすダイエットのことです。

 知人が通う病院の先生いわく「本来は糖尿病患者の食事療法ですが、やせにくいと感じる健康な人にも通用する」んだそうです。

 食事を低糖質にすることで、肥満ホルモン=インスリンの分泌も抑制されます。そして余分な脂肪をためこまない体へと変化するのです。また食事からとる糖を抑えると、必要なブドウ糖が体内で生成されます。この働きは消費エネルギー量が莫大なため、ダイエット効果が飛躍的にUPします。そして代謝も上がるため、やせにくくなったと感じる人でも結果が出るのです。

 まずは1日1食だけを「プチ糖質オフ」してみましょう!

 

 

食べ方・食材選びの4つの掟!

 

 低糖質の食材を覚えなくても、特別な調味料を買わなくてもOKです。次の4つだけを実践してみましょう!

 

1. 食べる順番を工夫する

 食事は何を食べるかも重要ですが、食べる順番も大切です。野菜などの前菜→肉や魚などの主菜→主食という順番がおすすめです。食後の血糖値の上昇指数を示す「GI値」が低い食品から順番に食べ、血糖値の上昇をゆるやかにすることがポイントになってきます。

 ダイエット中は主食を「食べない」や「極端に減らす」のではなく、やせる食べ方を上手に取り入れて、脂肪を溜めにくい体にすることが近道になってきます。

 

 

2. 肉や魚、卵、大豆製品をたくさん食べる

 糖質オフをする分、肉や魚などのたんぱく質はたっぷり摂取しましょう。肉や魚には、代謝を上げるたんぱく質の他、代謝を促進させるビタミンなども豊富です。代謝が上がると脂肪をどんどん燃やせる体になれますよ。

 

3. 野菜は緑色のものを選ぶ

 赤い色の野菜やいも類、根菜類など、野菜の中には糖質が高いものがあります。迷ったら低糖質なものが多い、「緑色の野菜」を選ぶと良いでしょう。主菜や副菜に緑色の野菜を使うだけで、楽々糖質オフですよ。

 

4. 海藻、きのこ、油揚げは汁物でとる

 海藻ときのこは、食物繊維、ビタミン、ミネラルの宝庫です。汁物で食べれば余すことなく栄養が摂れます。体内で作れない良質な油・オメガ3脂肪酸が豊富な油揚げを加えれば、脂質代謝もUPします!

 

 

 糖質オフおかずレシピ

 

 豚肉のマスタードチーズ焼き

 

  材料(2人分)-------------------------------------------------------------

 豚ロース肉(しょうが焼き用)・・・4枚(200g)

 塩・こしょう・・・各少々

 A

 フレンチマスタード・・・大さじ1

 グリュイエールチーズ(細切り)・・・30g

 オリーブ油・・・小さじ1

 白ワイン・・・大さじ2

 パセリ(みじん切り)・・・少々

 

 作り方--------------------------------------------------------------------

  1.  豚肉は筋切りし、塩・こしょうをふる。
  2.  Aのマスタードとチーズを混ぜる。
  3.  フライパンにオリーブ油を中火で熱し、豚肉を焼く。こんがりとしたら返し、だいたい火の通ったところで2をのせる。
  4.  鍋肌から白ワインを加え蓋をし、2~3分チーズが溶けるまで蒸し焼きにする。器に盛り付けてパセリを散らす。

 

 さいごに

 糖質オフダイエット、いかがでしたか?わが家ではすぐに作れるおうちごはんのメニューとして豚肉のマスタードチーズ焼きをよく取り入れています☆

 せっかく作るなら体にやさしくてしかもダイエットできちゃうレシピがいいですよね♪

 みなさんもぜひ定番の食材で糖質オフダイエット、実践してみてくださいね!