【健康】おデブだった私が、ガリガリと言われるまでになれた秘密のダイエット法教えます!

 

こんにちは♪ megane-inuです。

 

 朝晩がまだまだ肌寒く感じるものの、日中はずいぶんと暖かくなりましたね。

 

 だからそろそろ半袖の準備をしなきゃなー、なんて方も多いのではないでしょうか。

 

 でもぉー、二の腕のたるみが気になる。。。

 

 ・・・ダイエットしないとね!よし明日からダイエットしよっ!って方のためにわたくしmegane-inuが実施し、10年以上経った今でも理想の体重をキープできている秘訣を伝授いたします!!

 

 1.過去の、私自身のおデブだったころ

 

 私はもともと、細身の体型の女の子だったんです。ですが、思春期を迎えとくに運動部に入っていたわけでもなく、恋愛にのめり込むような子でもありませんでした。ただただ、おいしい母の健康的なお食事を食べていたはずなんですが、高校生のときにマックス体重を超えそうになってしまうくらいに太っちゃいました。

 

 この時の体重:55kg(身長 160㎝) 

 

 くらいだったと覚えています。(いやーはずかしい)

自分でも、その当時は「やっばいな」という感覚はありました。

ただ、すごくまじめな性格で母から「ダイエットなんかしなくていい!」という教訓のもと生活していたため、特にやせたいとか思っていませんでした。

 

 でも、お友達の中にはスリムでしゅっとしたお顔立ちの子とか、私服を着るとすらっとした太ももの子とかいたんですよね。

そういう子を見ると、内心「きれいな体型だわー。」って思っていたのかもしれません。

 

 それとは逆に私は、お顔のほっぺたが小さいころからずっと、俗にいう「しもぶくれ顔」で、かなりのコンプレックスを抱いていました。さらにこの頃の太ももなんかはパンパンで、おなかのお肉でおまたのあたりが隠れるくらいの、ダッさい体型なのでした。とほほ。。。。

 

 ですので、「ダイエット」という言葉に少し興味がわいた瞬間を味わったのがこのころでした。

 

 

  2.「ダイエットしないと!」目が覚めた瞬間

 

 そんな箱入り娘で、でぶでぶと太って行く私は学校を卒業後に大企業に就職を果たします。

 

 そこでまず出会ったのは、同僚のガリガリの美しい年上の「はっちゃん」です。彼女はその言葉通りの美女で、性格も大変にすばらしい人でした。私は仲良くしてもらったのですが、あまりの美女ぶりに目をあわせたり、トイレの鏡越しなんかにおしゃべりした日には、ずいぶんと自分が醜く見えたのでした(笑)

 

 もうこんなに引き立て役みたいな体型ってある??くらいにひどかったんですよね。笑うしかない!笑

 

 そこから私は、「美」とはなんなのかを、深層的に考えだしていたのかもしれませんね。

 

 3.一念発起し、行動に移しました

 

 そんな私は、美女であるはっちゃんにあこがれを抱きながら、すぐに行動に移しました!

 

 この時の体重:57kg(身長 162㎝) 

         *学生のころより、2㎏ 増

  

 まず初めに、ダイエットをする上で急激に体重を落としても

「リバウンド」をするという知識を持っていたので、自分の中で長期的な目標をざっくり決めました。

 

 それは、

 

   「1年かけて体重を10kg落とす!」

 

 という事だけです★

 

☆1年、という事は換しますと

 

 10kg(減量目標) ÷ 12ヶ月  = 0.8333.....となり

 

1ヶ月あたり、約830g 落とせばいいんです!

そう考えると、楽に聞こえますよね。

 

 ただ私の場合は、換算せずにざっと「1年くらいはかけよう」的な気持ちで、始めました。あんまり毎月毎月結果をみていくのも面倒だし、もし失敗した場合のことは考える余裕もないと思ったんです。

 

 そして、1年以上少しずつダイエットをしてこられたおかげで、体に不調をきたすこともなく、健康的に社会人生活を送ることができました。

 

4.どんなダイエット法?

 

 私の場合、長期的な目標を掲げてのダイエットでしたので、無理なく自分が楽しめるようにダイエットができればいいなぁと考えていました。

 そして将来的には、何を食べても太りにくい体質にするためにはどうすればいいんだろう・・・とも考えていました。

 

 結論的に私がもっともダイエットで体重が減らせて、なおかつ今でも太りにくくなった決め手…

 

はい。それはですね、何といっても

 

「朝たくさんごはんを食べて、夜はなるべく食べない!」

 

私の場合は、これでダイエットに成功しました☆

 

 基本的にこのルールを最低1年守っただけで、体は痩せやすい状態になります。

 

 人間は朝起きて、ごはんを食べることにより脂肪を蓄えます。その脂肪は夜になっていくうちに燃焼されてなくなっていくのです。ですので、夜にごはんを食べすぎるというのは、体にとっては非常に負荷をかける状態になるというわけです。

 

 ですので、私は夜食べなかったので、自然と朝におなかが減り苦手だった早起きも解消することができました。

 ついでに、便秘などのお通じも解消してくれるんで、一石二鳥な感じでした!

 

 5.その結果・・・

 

 そんな感じでダイエットを楽しんだ結果、なんと、1年半後にびっくりするくらい痩せてました!

 

 

 この時の体重:40kg(身長 162㎝) 

      ※ピーク時より17kg減! 目標達成!

 

 自分でもお金をかけずに、だれにも頼らずにダイエットできたことは今でも貴重な体験です。

 この数字は私の人生の中でも、かなりやせすぎた結果となりましたが、自慢できますね。

 

 

5.さいごに

 

 ちょっとやせすぎちゃった?っていう私のダイエット法でした。

 しかし、今2児の子供を産んだ今でも体重が40kg台のままなんです。私の体自体が、朝たくさん食べて夜は少なめに食事をする仕組みになっているのか、今でも健康に暮らしています。

 

 ダイエット中は、食事の内容も大切ですね。また次回にそのお話を書いていきたいと思います。