もはや常識!知っていましたか?0~3才のスキンケア

 こんにちは。

 

 

f:id:megane-inu:20191104235612j:plain

 

 

 赤ちゃんの肌は、これから育つ肌。

一生つきあっていく肌を育てていく方法、それは正しいスキンケ

アです。そのスキンケアを続けて、一生モノのぷるぷる肌をつ

くってあげましょう!

 

 
♪ 310g【natural science】ナチュラルサイエンスママ&キッズ Mama$Kidsベビーミルキークリームお徳用サイズ 310g<ボディケア><ママアンドキッズ>

 

 

肌が成長する3才までのスキンケアがとっても大切

 

 赤ちゃんの肌は、ぷるぷる・もちもちというイメージがありますよね。

 しかし、実際にはすぐにカサカサになったり、湿疹ができたり、トラブルの連続!ということ、ママならきっと実感していると思います。

 赤ちゃんの肌がとてもデリケートなのは、皮膚がまだ成長中で、とても薄いからです。

 

 赤ちゃんの肌は、生まれるまでの間、羊水の中で育ちました。

 水分に守られて育ってきた肌は外気にさらされると、あっという間に乾燥してしまいます。

 しかも新陳代謝がとても活発で、古い角質はどんどんはがれて垢となり、余分な皮脂とともに汚れになります。

 

 そこで、汚れをしっかり泡で洗浄して、清潔なシャワーをかけて洗い流し、水分をふき取ったあとは、たっぷりの保湿が必要となるのです。

 そんな赤ちゃんの肌を守るスキンケアというとなんだか大変そうですが、実は「洗う→保湿」の簡単ステップでOKなんです。

 

 こうして3才ごろまではママが「丈夫な肌になぁれ」とケアし続けることで肌は成長し、バリア機能が整って丈夫になっていきます。

 スキンケアはタッチケアです。赤ちゃんの心のケアにもつながる、生まれてすぐからのスキンケアで、トラブル知らずのすこやか肌を、大切な赤ちゃんにプレゼントしてあげましょう。

 

 

 

 

2ステップのスキンケアで肌トラブルから守ろう!

 

 f:id:megane-inu:20191104234806j:plain

 

 大人の表皮の厚さに比べて、赤ちゃんの表皮は約半分しかありません。ということは、ホコリや花粉、化学物質などの刺激から守ってくれるバリア層が薄く、肌細胞の水分もキープしにくいということです。肌細胞の水分が少なくなってしまうと、バリア層のすき間ができてしまい、そこから刺激物が入ってしまいます。

 

 STEP1 泡たっぷりでやさしく洗う

 肌と同じ弱酸性の洗浄料を使い、たっぷりの泡で洗います。

不要な皮脂は、こするのではなく泡でやさしく洗い流すのが正解です。肌を傷つけずに洗えます。

 そして清潔なシャワーの湯で泡をさっぱり洗い流しましょう。

 

 


♪ 460ml 【natural science】ナチュラルサイエンスママ&キッズ Mama$Kidsベビー全身シャンプーフレイチェ 460ml<ボディケア><ママアンドキッズ>

 

STEP2 もちもちになるまでたっぷり保湿

 肌の保湿に水分だけをたっぷりつけてもあっという間に、蒸散してしまいます。水分を封じ込めるには、適度な油分が必要です。

 フタの役割をして水分をキープします。水分と油分のバランスが良いローションをたっぷりと塗ってあげることが大切です。

 

 


Mama&Kids(ママ&キッズ) ベビーミルキーローション 150ml

 

子どもの成長の節目を祝う七五三を迎える方へ

こんにちは。

 

f:id:megane-inu:20191104002342j:plain

 

 

 「七五三」は、赤ちゃんから子どもに成長していく節目にあたる年に、晴れ着を着せて、氏神様をまつる神社に詣でる行事です。

 子どものこれまでの無事を感謝し、今後のすこやかな成長を祈ります。

 七五三は古くから宮廷や武家社会などで行われていた3歳の「髪置き」、5歳の「袴着」、7歳の「帯解き」という3つの行事が、明治時代以降に合わさってできたお祝いだそうです。

 昔の子どもは、7歳までは神様の子どものようなものと考えられていて、7歳のお祝いを境に、ひとりの人間として認められたと言われています。

 

 七五三は本来、数え年で祝うものでしたが、近年は満年齢で祝うことが主流です。男の子は5歳、女の子は3歳と7歳で祝うことが一般的ですよね。

 11月15日か、その前後の土日に神社へ参拝することが多くなっています。

 

女の子の3歳のお祝い

 

 3歳の女の子お祝いは、「髪置き」の儀式がもとになっています。髪置きは、それまでに剃っていた髪の毛を伸ばしはじめる儀式で、3歳の男女に行われていました。鎌倉時代の記録にも髪置きの儀式が記録されているそうです。

 現在の3歳のお祝いでの装いは、色鮮やかな晴れ着を着て、兵児帯をしめて、その上から被布とよばれる袖なしの上着をはおります。かわいらしく着飾らせてあげましょう。

 

 

 


七五三 着物 3歳 セット 女の子 選べる12柄 被布セット 販売 着物セット 七五三 3歳用 新作 2019 正月 着物 ひな祭り 衣装 着物 モダン おすすめ レトロ おしゃれ 古典柄 安い 大正ロマン

 

 

男の子の5歳のお祝い

 

 5歳の男の子のお祝いは、「袴着」の儀式がもとになっています。袴着は、5歳の男の子を基盤の上に立たせて、はじめて袴をはかせる儀式で、平安時代から行われていたことが記録にのこっているそうです。

 もともとは、男女ともに行われていましたが、江戸時代に武家の男の子のお祝いとして定着しました。

 現在の5歳のお祝いでは、着物の上に、紋付羽織袴を着用するのが基本で、白足袋に雪駄をはき、白い扇子や懐剣などを身に付けます。

  

 


七五三 着物 5歳 フルセット 5歳男袴 5288 花わらべ ブルー地 鳳凰 5歳男の子 新品足袋プレゼント ブランド 753 子供 きもの レンタル 往復送料無料

 

 

女の子の7歳のお祝い

 

 

 7歳の女の子のお祝いは、はじめて帯を結ぶ「帯解き」の儀式がもとになっています。昔は、7歳前の女の子は着物を着るとき、着物についているひもを結んでいました。このひもを外して本式の帯を締める儀式が帯解きになります。

 帯解きは、「ひも落とし」「帯直し」などとも呼ばれました。

 

 現在の7歳のお祝いでは、本裁ちの振袖を、肩揚げ、腰揚げして着るのが基本です。筥迫(小物入れ)を懐に入れて、帯は丸帯や袋帯を締めます。

 

 

両親や祖父母は控えめに

 

 

 七五三は、子どもが主役のお祝いなので、付き添う両親や祖父母の服装は、子どもより目立たないことが大切です。

 お母さんは洋装であれば、スーツやワンピース、和装であれば、訪問着や付け下げ、色無地などが一般的です。

 お父さんはブラックスーツやダークスーツなどが良いでしょう。

 祖父母は、両親の服装と格をそろえます。

 

七五三の参拝は氏神様に

 

 七五三は、住んでいる地域の氏神様に子どもの成長を祈るものなので、近所の神社に参拝するのが本来の意味にかなっています。

 七五三の付き添いは、お宮参りのようなしきたりはありませんので、両親だけが付き添っても、祖父母が一緒でもかまいません。

 お賽銭を入れて礼拝する場合と、おはらいや祝詞奉上をお願いする場合がありますので、参拝方法はあらかじめ決めておきましょう。

 七五三の起源である髪置きや、袴着、帯解きなどを行う日は、江戸時代に11月15日に定まったようですが、その由来は、秋の収穫後に神様をまつる霜月の真ん中の日だからとか、陰陽道で吉日だからなど、諸説あってはっきりしたことはわかっていないそうです。

 

 

 

 

 

 

子どもの教育費を賢く貯めるには?「貯め方のコツ」

こんにちは。

 

f:id:megane-inu:20190529160545j:plain

 

 

 子どもが成長するにつれて、どれくらいの教育費が必要なんだろう、どう貯めれば・・・とお悩みのみなさんも多いと思います。

では具体的にどのように貯めたら良いのかを考えてみましょう。

 

 

 高校までは家計でやりくり。大学入学までに400万貯める事を目標にしましょう。

 

 

 進路によっても変わりますが、幼稚園から大学までずっと公立の場合で約1000万円、ずっと私立の場合では約2500万円かかると言われています。

 ただし、これはあくまで平均値です。受験や留学などをした場合は、さらに+αでお金がかかります。

 

 「そんなお金、払えない!」と思いがちですが、貯めるべきは「大学費用」だけです。高校までは、家計でやりくりするのが一般的だといわれています。

 

 では大学入学までにいくら貯めておけばいいかというと、200万円くらいが目安です。これで入学費用と1年分の学費はまかなえます。

 ただ選ぶ学部や、それ以外に+αでかかるひとり暮らし費用、仕送り費などのことを考えると、400万円はあった方が安心でしょう。

 それでは具体的な貯め方を紹介していきましょう。

 

 1.児童手当は全額貯金!

 0才~15才までずっと児童手当を貯めておけば、約200万円になります。

 このお金は、大学入学時に支払う資金として、確実に手元に残しておきたいもの。児童手当をまとめて貯めておくことは大切です。

 月々の習い事や食費などにまわさないようにしましょう。

 

 これまで学資保険は満期金一括で支払われていましたが、最近は何年かに分割して払われることが多いようです。

 

2. 学資保険で貯める

 学資保険は、加入時の利率(予定利率)が続く、固定金利型の商品です。いまは超低金利時代なので、入りどきとはいえませんが、お金を「確保する」「死守する」目的で入っておくのもひとつの手です。

 確実に貯めることができるので、貯金が苦手な人におすすめです。

 

3. コツコツ投資する

 投資信託や外貨を毎月一定額購入していく方法です。

相場が高いときは少なく、安いときはたくさん買えるため、長く運用することで、ふやせる可能性は高くなります。

 月1万円ずつ米ドルで運用した場合と、1万円預金した場合(金利は0.05%と仮定)を比べると、増減はあるものの10年後には外貨が約18万円上回ったという例もあるそうです。

 証券会社や銀行で買えますが、ネット系の金融機関なら手数料が抑えられます。

初心者には、利益に課税されないNISAがおすすめです。

 

 税金がかからずお得に運用できる NISA・ジュニアNISA

 NISAとは、株や投資信託の利益に対して税金がかからない制度。年間120万円まで運用可能で基本的に5年間まで。

 ジュニアNISAは、NISAのこども版で、年間80万円まで運用が可能。ただし、18才になるまでは払い出しができないので注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもの食育~健康的な食生活を送ろう!

こんにちは。

 

f:id:megane-inu:20190520100900j:plain

 

 

健康的な生活の要は、規則正しい生活、そして食事にありです。

では具体的にどんなメニューにしたら良いのでしょうか。

 

やっぱり基本は「一汁三菜」

 

 一汁三菜という昔ながらのメニューが理想です。今のご家庭の食卓にはハンバーグ、焼き鳥、餃子など、子ども受けするメインディッシュがいくつも並んでいたりする、いわゆる「居酒屋料理」が多いですね。

 だけど主菜が2~3品もあるのはあきらかに、たんぱく質過多になります。そうでなく、ご飯と具だくさんのお味噌汁にメインのおかずが一品。副菜として野菜などいろんな食材を使った1~2品の一汁三菜のスタイルをとれば自然にバランスの良い食事がとれます。

 

 だけど現代の子どもたちの場合、どうしてもお肉が好き、ということも多いものですよね。

 特に太めちゃんのお子さんは圧倒的に野菜よりお肉が好き、そしてかなりの率で偏食気味です。

 

 200gのステーキをペロッと食べるお子さんならお肉を100gにして、つけあわせを100gにしてみましょう。ピーマンやにんじんなど、食べられない野菜があるのならば、食べられる野菜をあげてください。

 今は野菜の種類も豊富ですので工夫しやすいと思います。

ズッキーニなんて私が子どもの頃にはなかったですから(笑)

 

 小さいお子さんの場合、ダイエットという観点の食事制限はさせません。ふだん食べないものを食べてみて、その中からこれ以上太らない手がかりをつかむことが多いんです。偏食を治すことは、肥満解消への近道にもなります。

 

 

f:id:megane-inu:20191102120844j:plain

 

 

調理法、食べ方にもコツがある

  

 子どもに最適な調理のポイントはなんでしょうか。

調理の基本は薄味です。

 あまり濃い味付け、とくに塩気のあるものをたくさんとりますと、のどが渇きお水やごはんが進んでしまいます。食卓には汁物を用意すれば十分です。

 お母さんから「このお味噌汁、どう?」とか「このおかず、おいしい?」などと、楽しく会話をしながら食べるのも大事です。

 

 太っている子を見ると早食いが多いですが、早く食べると脳に「そろそろおなかがいっぱい」という信号が送られる前に、次々と食べてしまうのでよくありません。

 食事は会話を楽しみながら、ゆっくりいただくとよりおいしく適量で満腹感が得られます。

 

おやつは食べ放題に注意

 

 子どものおやつは食事でとりきれない栄養を補う意味もありますが、「現代の子どもの栄養は食事でおおよそ満たされているので、補食というよりは、お楽しみと位置付けたうえで、栄養過多にならない配慮が必要です。

 子どもたちはスナック菓子もジュースも大好きですが、要は与え方です。

 冷蔵庫にいつもジュースがあるのに飲むな、というのは酷ですから買い置きはせず、食べる量や時間は親が決めて習慣化させましょう。

 「僕んちでもこういうときはジュースが飲めるんだ」とか「〇〇ちゃんちにいくとおにぎりと牛乳が出るけど、そういうおやつもあるんだ」などと、おやつの意味やあり方を理解させるのに、いろいろなおやつがあることを教えてもいいですし、たまには食べさせてもOKだと思います。

 

 

 

  

どんどん体を動かして子どもの肥満を防ぎましょう!

 こんにちは!

 

 大人のあいだでメタボ退治の話題がつきない昨今。

実は子どもにもじわじわと肥満の傾向が押し寄せているのを

ご存知でしょうか?

 「私はともかくうちの子は大丈夫!」とお思いのあなた。

大人が太る生活をしていれば、一緒に暮らす子どもにも影響が

出るのは必至です。子どもの肥満解消を考えてみませんか?

 

肥満解消に運動は不可欠

 現代の子どもはおしなべて運動不足といえます。運動する場所がない、防犯などの理由もあるし、太めちゃんならそもそも運動が嫌いということも多いです。

 体を動かす機会はどう作ればいいのでしょうか。

 太めちゃんも最初から運動が嫌いだったわけではなく、ほかの子と同じようにできない、転んで痛い思いをしたなど苦手意識から嫌いになっていったのだと思います。

 そういう子にはどうすれば楽しく体を動かせるかを教えてあげます。子どもはひとりでは絶対にできないですから、親子で遊びながらできる運動がおすすめです。

 

f:id:megane-inu:20191101134333g:plain

 

たとえば、足で体を支える運動です。つま先歩きはかかとを十分に上げ足の指を開いて姿勢よく。かかと歩きはかかとにしっかり体重を乗せます。

 

お手伝いをさせることで動きグセをつける

 

 こういった積極的な運動と合わせて、普段の生活の中で体を動かす場面を増やすのも有効です。

 減量には直接つながりませんが、どてっと座り込んで、「水!」とか「おやつ!」などとお母さんを呼びつけるような子にせず、普段から動き回れるクセをつけさせるのは肥満防止に有効です。

 まずは自分の身の回りのことを、次にお手伝いをさせることですね。幼稚園くらいの子どもであれば洋服の着脱やかばんのお片付け、家族の茶碗を流しに運ぶ、小学校低学年なら布団の出し入れ、部屋やお風呂の掃除などができるでしょう。

 その子の成長に合わせて少しずつやらせて、できたら必ずほめれば子どもは次のステップに自然にすすむことができます。

 

休日は家でゴロゴロはⅩ。外で体を動かそう!

 

 休日は家族でアウトドアライフに親しむのも良いそうです。

 

 お休みの日くらいのんびりしたいのはわかりますが、それでは体を動かすことなく食べるばかりになってしまいます。子どものためと思って外に出ましょう!

とはいえ、近所に自然や公園がないことも多いのですが・・。

 

 そうなれば、施設や機器を使うのもひとつの方法です。プールは水の中で浮力がつくため、太っていても体重を感じなくてすみます。泳ぐだけではなく歩く、走る、ボール遊びなども全身運動になるし、習い事としても水泳はとてもおすすめです。

 ボーリングは、エネルギー消費としてはたいしてありませんが、太っているならパワーのある投球でピンを倒せるので、自信をつけさせるにはいいと思います。

 カラオケも、声を出すことで意外と体力を使うレジャーのひとつです。

 

 どうしても家でゲームをするのなら、室内運動タイプのゲームは悪くないと思います。家族いっしょにできるソフトを選びましょう。

 

 水泳のほか体操、サッカーなどスポーツ系の習い事も人気ですが、ダイエットというより楽しみを求めて行かせて、そこで子どもがスポーツ好きになると良いと思います。

 ただし、やせた子と一緒になって引け目を感じさせたり、自信をなくさないように注意してくださいね。

 なお、すべてに共通しますが、体を動かしたからジュースを飲んだり、疲れたから外食で高カロリーのものをバクバク、ではもとのもくあみですから気を付けましょう。

 

 

 

 

 

 

 

ついだらだら食べてしまうそこのあなたにおくるマインドフルネスダイエット

こんにちは。

 

f:id:megane-inu:20190524122127j:plain

 

 

 ダイエットの効果が出ないのは、体のせいではなく脳のせいかも?!食べているのに満足感を得られない「太る脳」を適量で満足できる「やせ脳」に変えれば、ストレスなくスリムになれます。

 

 

「マインドフルネス」とは

 

 自分の感覚や感情、目の前にあるもの・ことに集中し、疲れた脳を休息させるのが「マインドフルネス」。免疫力のアップ、うつやストレスの軽減、集中力や感情コントロールの力が向上するなど、心身にいい作用があると言われています。

 

疲れて判断力が鈍った「太る脳」が食べ過ぎの原因

 

 やせられないのは性格のせいじゃなく、実は脳のせいなんです。

 私たちの脳はマルチタスクでとても忙しく、常に疲れています。疲れから冷静な判断をサボって惰性で食べ続けてしまったり、ストレスを食べることで癒そうとする「太る脳」になってしまいます。

 マインドフルネスで脳を休ませ、疲れが癒されると、人間らしさをつくる部分である前頭前野が強化され、理性的な判断ができるようにもなるんです。

 体にいい物を適量で満足できる「やせ脳」に変わっていくのです。

 

 

どうしてマインドフルネスがダイエットに効くの?

 

 太る脳

 「お昼ごはんの時間だから」「子どもが遊んでいるうちに」など、 “取りあえず” で食べてばかりいて、自分が今本当に食べたいかがわからなくなっている状態です。ストレス解消を食べることに求めてしまっています。

 

 やせ脳

 そのときの空腹の度合いや食べたい気持ちを見つめることで、食べたい物を適量食べるだけで満足できている状態です。本当の自分の欲求を満たしてあげられるので、ムダにたくさん食べる必要がないんです。

 

 

ムダ食いがなくなる3つのワザ!

 

 食前、食中にちょっとしたポイントを意識するだけで、「今の自分の食欲」を冷静に把握できるようになれます。

 無理に食欲を抑えるのではなく、自然と食べる量が減っていくワザ教えます。

 

 1、「今どのくらいおなかすいてる?」食欲を数値化

 「もう12時だからランチ」と、習慣で食べるのは太る脳です。「今どのくらいおなかすいてる?」と自分に聞いてみて、0~10割で数値化し、それに合わせた量を食べるようにすると「やせ脳」に変わっていきます。

 食べるべき量が客観的にわかり、食欲の暴走を防ぎます。

 

 2、「いただきます」の前の深呼吸3回で食欲を抑える

 空腹のときは、交感神経が優位になっている状態です。そこで、深くゆっくり呼吸をすると副交感神経が優位になり、心が落ち着いてリラックスできますよ。

 「いただきます」を言う前に深呼吸を3回するだけで、おなかが満たされたような感覚にもなれます。これは食べ過ぎの防止に効果絶大です!

 

 3、半分食べたら箸を置き、あとどのくらい食べたいか確認

 忙しく目の前の食事をかきこんでいると、つい食べ過ぎてしまうものですよね。

 半分まで食べたらいったん箸を置き、そのときのおなかの満たされ具合を確認します。ある程度満たされていたら、そこで食事を終えましょう。ということを繰り返すうちに、しだいに「やせ脳」に変化していきます。

 

 

おやつが無性に食べたくなったら「なんで食べたいの?」と自分に問いかけ

 おやつが食べたくなったとき、すぐに食べてしまわずに「どうして食べたいのかな?」と考えるクセをつけてみましょう。

 ストレスのせいなのか、単に習慣なのか、心の内側を見る事が大切です。それでも食べてしまうかもしれないけれど、初めのうちはそれでOKです。繰り返すうちに「今は食べなくてもいいや」と思える事も増えてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「老後計画」は収入・支出・資産で考えましょう!そして年金制度は30年後どうなる?

こんにちは。

f:id:megane-inu:20190405092227j:plain

 

 

 老後のお金を考えるときには「収入」「支出」「資産」の3つがポイントになります。

 

「収入」はどんどん激減していき老後の途中で破たんの危険大!

 サラリーマンにとって老後資金の中核となってきた退職金。しかし、近年では支給額が減少したり、退職金そのものを廃止する企業も現れてきています。また、支給額の平均が2000万円強であり、これだけで老後の生活すべてを賄うことは現実的に難しい。安定した老後を送るためには、「退職金+α」の蓄えが必要になることを押さえたいですね。

 

「支出」老後の生活費は年金だけで賄えない!

 老後の家計を考えるときの土台となるのが毎月の収支です。平均的な夫婦の収支は約6万円の赤字となっていて、老後までに蓄えた貯金を使いながら生活していくことになります。

 25年間生きると計算すると、赤字の総額は1800万円にも。大きな病気にかかったときの医療費のように急な出費も含めると、それを超える貯蓄がなければ安心できません。

 

「資産」定年退職する前に節約と資産運用を実行

 65~90歳までの生活費の赤字総額は1800万円です。全国平均の生活をするためには2000万円、余裕のある老後のためには3000万円もの蓄えが必要になってきます。節約はもちろん、効率的な資産運用を行い貯蓄したいですね。

 

 

 

貯蓄しにくい時代なのに貯蓄の重要性は上昇!

 

 まず、安定した老後を送るために必要な貯蓄額は3000万円から3500万円で、これを定年制までの貯蓄と退職金で用意しなければならない。

 しかし、年功序列や終身雇用が当たり前だった時代は過ぎ去り、年齢を重ねても給料はほとんど横ばいというのが現状です。

 かつては、年齢を重ねるごとに家計に余裕が生まれて貯蓄しやすい時代もあったが、現在はいくつになっても家計が厳しく貯蓄するのも難しい。

 また、退職金も制度変更で減額されたり、制度そのものが廃止されることも珍しくなく、老後に必要とされる貯蓄額を達成するのは至難のワザとなっている。にもかかわらず、老後の基本的な収入源となる年金受給額は年々減っていて、蓄えの重要性はますます高まっているのです。

 

 次に支出ですが、データによると一般的な老夫婦の生活における収支は月約6万円の赤字になっている。貯蓄があったとしても、長生きすればするだけ家計は厳しくなる。

 しかも、現在は65歳から年金を受給できるが、今後は70歳など、うしろにずれていく可能性が高い。定年退職から年金受給開始までの生活を支えるために、貯蓄の必要性がさらに高まっているのです。

 また、再雇用制度やシルバーセンターを利用して以降も働くということを念頭に置かなければなりません。

 

 これらのことを踏まえると、若い内からしっかりと貯蓄するということが必須です。給料が上がりにくい現在は昔と異なり、ただ働いていてもお金が貯まっていくという事は期待しにくい。

 そこで必要となるのが節約や投資の意識。効率的に節約して生活費の支出を抑え、家計に余裕を持たせましょう。その余裕を投資で運用していき、「増やす」というアクティブな貯蓄を行っていくことも考えたいですね。

 

              ※参考データは統計局から抜粋