【育児】実際に使ったわが家の、検証済!自然と子供を賢くした知育グッズ

 

こんにちは!megane-inuです。

 

 妊娠して赤ちゃんが生まれる前から、旦那さんや自分の親とかでよくベビー用品を準備するために出かけると気になるのは、かわいらしい赤ちゃん用のおもちゃコーナー。

 色とりどりのかわいいグッズがたくさん揃っている中で、どれを買おうかな?どれがマイベビーにとってお好みかしら?なんて思ったりした人もいると思います。

 できるなら赤ちゃんの頃から、教育に効果的なおもちゃを選んでその後の成長を伸ばしてあげたいなーって私は思っていました。そこで、わが家の赤ちゃんから幼児、子供になってからの必見おすすめ知育グッズを、ここだけでご紹介しますね。

 

<赤ちゃん期>0ヶ月から

 

 ・歯固めラトル・・・はがためとして知育玩具として活躍!

 

 持ちやすさと舐めやすさにこだわったラトルを選びましょう

 他にも舐める、噛む、握る、音が鳴る、回す、顔が変わる、という機能がつくと、お出かけ先でのおもちゃとして持ち運び便利です☆

 

 ・布絵本・・・自分でお話を作り想像力を育てられる!

 

 鮮やかな色彩で視覚的な刺激から、音が鳴る仕掛けやお話するママパパの声の聴覚的刺激、めくる時の手先の刺激を得ることができます!うちの子は2歳ですが、絵本好きになったおかげでお人形遊びでの会話力がすごくて、一人でストーリーを作ってお話しています。

 

<赤ちゃん期>6ヶ月から

 

 ・ つみき、ブロック・・・立体に対する想像力を養える。

 

 なんでも舐めちゃう赤ちゃんには、手に持ちやすく、安全なやわらかさのつみきやブロックを選んであげましょう。小さいころはただ積むだけでも難しいものです。大きくなったらより立体的なものを作れるようになり、長年遊べます☆

 

♪ 1歳児検診などでは、つみきを積むテストがある市町村もあるので、そのための練習にもなりますよ。

 

 <幼児期>1歳から

 

 ・ ピタゴラスシリーズ・・・

          さらなる想像力を養えて考える力もつく。

 

 ピタゴラスっていうおもちゃは、お店で見たことがありましたが1歳から使えるんですよ。これは算数に役立つおもちゃです。

 三角や四角でできたブロックが複数あり、それらは磁石を内蔵していますのでくっつけたりして遊ぶことができるんです。

まずはくっつけたりしながら遊んでブロックとしての遊びや、平面遊びを楽しみましょう。大きくなるにつれて、立体的なものつくりが楽しめて、手先も器用になる第一歩ですよ!

 

・ 英語教材・・・ネイティブに近い発音が身に付く

 

 英語を始める上で大事なことは、赤ちゃんや幼児が気に入って始められることなんですよね☆

 そこでわが家は幼児教育として、ディズニーの英語システム(DWE)を取り入れました。

 基本的にはDVDを見て付属のおもちゃを使って親子で楽しむ商品となります。まずはその中でも、プレイアロングという商品を使ってみたのですが、親子での運動やダンスをしながら、しかもおもちゃを取り入れつつ、子供に飽きさせない仕組みとなっています。これで、本当にうちの子は生まれてはじめてしゃべった英語が「apple」と言えました☆しかもネイティブ風にです!

 

<幼児期>1歳半から

 

 ・くもんTOY磁石すうじ盤・・・数に対する知識がつく

 

 数字が書かれた磁石のコマを、30までの数字が書かれた盤に並べていく、くもん独自の「磁石すうじ盤」です。繰り返し遊ぶうちに、30までの数の並びが身に付き計算力の基礎となる数感覚を身に付けることができますよ。単純なあそびですが、磁石がぴたっとくっつく感覚も楽しめ、幼児が夢中になって遊んだりもできます。うちは近くのベビーくもんでこれを先生にご指導していただきましたが、楽しそうでしたので1式購入して活用しています♪

 

 こんな感じでおもちゃや知育玩具を使って遊ばせてきました。おかげで、幅広い知識が備わっているように感じています。

親子で楽しめて、成長を感じられる「知育グッズ」ぜひ購入し継続して使ってみませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【育児】赤ちゃんの「夜泣き」で寝不足。・・・そんなあなたに少しだけアドバイス♪

 

おはようございます☆megane-inuです。

 

 

f:id:megane-inu:20190413073110j:plain

 

 

 あー今日も夜、〇〇ちゃん寝てくれなくって寝不足・・・

なんか体調でも悪いのかしら・・・

昼夜が逆転しちゃったのか、夜目がらんらんとしてる。。。

 

 そんな、乳幼児期の赤ちゃんを育てていらっしゃる、ママさん方多いのではないでしょうか。

 

 

1. 夜泣きによる「寝不足」、なっていませんか?

 

 今の時代、ワンオペ育児が話題となっている中で、非常に大変な生活を送っている世の中のお母さん方、もしくはお父さんも少なからずいらっしゃると思います。

 赤ちゃんの夜泣きによる「寝不足」、なっていませんか?

大体の方は、自然とそうなってしまっていると思います。

 

 私自身も2.3年前までは、本当にいろいろと試行錯誤していました。あーやったりこうやってみたり、どうしたらすんなり気持ちよく寝てくれるのか、オールナイトでぼさぼさな頭でしかも誰にも頼ることなくです。(さみしいですが。)

 

 ただ、そんな私は当時を振り返ってみて思うことは、    

「とても幸せ」

だったと思うんです♪

 

そんな私から、今たいへんなお母さん方、お父さん方へ、夜泣き解消を行いながら、自分自身も幸せになれる魔法のアドバイスをご紹介いたします。

 

2. 夜泣きには月齢・年齢差がある

 

 夜泣きは月齢と年齢によって、原因が異なることはご存じかと思います。特に、0~3ヶ月、4ヶ月~1歳半、1歳半以降で夜泣きの質は変わってくるとも言われています。

 

 3ヶ月ごろまでは睡眠不足や生活リズム・寝室環境が整っていないことが原因になることがほとんどです。これらを整え、あやし方を工夫することで改善する場合が多いのです。

 

 しかしそれが3ヶ月を過ぎ、4ヶ月以降になると睡眠サイクルが発達することによる変化が現れるといいます。

これがまずみなさんの悩む第一の時期ではないでしょうか。

 それまではよく寝ていた子でも、夜中何度も起きるようになったり、お昼寝が細切れになってしまい、普段の家事や仕事が手につかなくなったりしまったり。

 

 ★この時期の睡眠の乱れは多々あるんです♪

この時期は、抱っこ癖がついてしまう、とか言わず思い切ってたくさん抱っこしてあげちゃいましょう!!

 

 お義母さんなどに「抱っこ癖つくからやめておきなさい」とか言われて、布団に置いてみるとすぐに泣いちゃう、って言うのはよくあることですよね。背中にセンサーでもついているのか、抱っこで寝かしつけてベッドに下ろすと泣いてしまうという話をよく聞きますし、実際上の子の時まさにそうでした。

 

 

 それは赤ちゃんが抱っこされたいからなんです。童謡やお母さんの好きな歌で良いんです!楽しく口ずさみながら赤ちゃんにやさしく歌ってあげてください。

 

 ちなみに私が覚えている、歌ってあげていた曲にV6の「WAになっておどろう」があります。自分がよく聞いていた歌を、思い出しながらやさしく歌ってあげると、赤ちゃんも自分もすごく気分が落ち着いて、向き合うことができるんですょ♪

ゆったりした気持ちでぜひ、ためしてみてください!

 

3. ねんねトレーニングに向けて

 

 2で語ったように、基本的には赤ちゃんはお母さんのぬくもりに抱っこされたいんです。だって約10ヶ月の間、おなかの中で一緒にいたんですもの、服を着ていたってお母さんと離れると落ち着かないんです。

 ですが、お母さんも毎日ずーっとこれから抱っこしているわけにいかないですよね。

 

 子供は環境変化や子供自身の成長の影響を受けて、夜泣きすることがあります。ただしこうしたものは一時的なものであり、成長とともに必要な睡眠時間も変わってきます。ですので、生活リズムや寝かしつけのトレーニングを少しずつ意識しながら親子で実践しつつ、おたがいの睡眠時間を補っていけるといいですね★

 

4. さいごに

 

 今回は「夜泣き」のアドバイスいかがでしたか?

私は2児のママですが、このお話は2人目の育児に実践してみたことです。また夜泣き以降の育児アドバイスも近いうちに書きたいと思います。お悩みのある方は、ぜひコメント欄にどうぞ!

 

 

 *最後まで読んでいただきありがとうございました。

 幸せな育児、よかったらサポートいたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入園準備も今日までです!やり残したことなかったっけ?

こんにちは♪megane-inuです・・・

 

 いよいよ明日はわが家の下の子の、入園式。

入園式準備はいろいろと細かい物を揃えたりしないといけないですし、なんといっても名前の記名には気を遣いますよね!!

 うちは認可外保育園に通う予定なのですが、制服は無いのでわりとお財布にはやさしい入園準備となりました♪

 

 そんな、わくわくドキドキな保育園への入園準備も今日で佳境を迎えました。入園の説明を受けてからもう結構経つのですが、あまりそこまで念入りに準備してなかったんですが、お店でいろいろと私なりに吟味した上で、何とかそろえることできました。

 

たとえば、下記のようなもの用意してみましたよ♪

 

*入園までの準備物

 

 入園に備えて、園で決まっているもの、自分で用意するもの、いろいろありますが、子供にとって園で快適に過ごせるように、最適なものを選んであげました。

 

(生活用品)お弁当グッズ(お弁当箱、はしセット、ゴムバンド、水筒、うがい用コップ、袋)

 

 ☆選び方のポイント

 

  ・お弁当箱は、ふたの開閉がしやすく、しっかり閉じるものを選びました。食後、ふたを閉めてゴムバンドをすれば、汁漏れを最小限に防ぐことができますよ。

 

  ・うちの子はまだはしが使えないのですが、はしをトレーニングするために、100円均一とかに売ってる「お箸サポート」なる商品を購入しました。おはしの使えない子は、これがあると便利みたいです☆

 

 ・そしてはしが使えるようになったら、下を参考に手に合うものを選んであげましょう。

   ≪長さの目安≫

 

2~3才   13㎝     13.0㎝

3~4才   15㎝     14.5㎝

5才~     15㎝     16.0㎝

 

 ・お弁当袋や、コップ袋は、お弁当やはしセット、コップが簡単に出し入れできるものを選びました。そして口が大きく左右にひもをひっぱると口が閉まる開閉しやすいタイプがおすすめですよ!

 

(履物)うわばき、上履き袋、運動靴

 

 ☆選び方のポイント

 

  ・靴は自分で着脱できるものを選びました。面ファスナー(マジックテープ)やファスナーなどの開閉で、足を挿入しやすく、しっかりと足にフィットするスポーツメーカーのシューズを購入し、本人も気に入っています!

 そして、これ大事なんですが、子供に適したサイズを選ぶことが肝心です。大きすぎるサイズを選んでしまうと、脱げやすく転びやすくなるので危険です。

 

 ・上履きは毎週持ち帰って洗濯するので、丈夫な作りのものをわが家は購入しました。最近はキャラクターがデザインされたかわいいものもありますが、園によっては不可だったりしますので、気を付けて確認しましょうね!

 

 ・上履き袋は、しっかりした素材ですと、収納しやすくなりますし、長持ちもしますので重宝しますよ。

 

(雨の日グッズ)傘、レインコート、長靴

 

 ☆選び方のポイント

 ・傘は身長に適した長さを選びました。子供の持つ傘は交通安全にも配慮して、黄色・ピンク色・水色など目立つ色で、一部または全体が透明になっている、子供の視界を妨げないタイプがおすすめですよ。また自分で簡単に傘を広げられ、閉じることができるかどうかを確認してみて、購入しました!

 ・レインコートも身長に合う着丈を選びました。視界がきくようにフードの一部が透明になっているものやリュックを背負ってもゆとりがあるもの、反射テープがついているものなど安全面に配慮したものを選びましょうね。

 ・長靴はゴム底が滑りにくい工夫がされているもの、通気性に優れたもの、はきやすいものを選びました。簡単に洗えるというところにも着目しました♪

 

以上、わが家の入園準備物のご紹介でした~。

次回は、「入園準備物に名前付けの巻」をご紹介したいと思います!